カメラには[スタンダード][フラット][ニュートラル][ビビッド][モノクローム][ポートレート][風景]の7種類のピクチャーコントロールを搭載しています。
「こんな風に撮りたい」というはっきりとした表現意図をお持ちなら、以下からそれに近いピクチャーコントロールを選び、さらに微調整を加え、自分のイメージどおりに仕上げていってください。「画づくりって何?雰囲気よく撮りたいけど、どのピクチャーコントロールを選べばいいかわからない」という方は、まずは7種類のピクチャーコントロールを順番に使って、それぞれの違いを体感してみてください。「ピクチャーコントロールを変えるとこんなに写真や動画の雰囲気が変わるんだ」と感じられたら、もうすでにそこが画づくりへの入り口。無限に拡がる画づくりの世界へ。さあ、ニコンのピクチャーコントロールシステムと一緒にあなただけの画づくりを探しに出かけましょう。

※D810以降に発売されたカメラ、Picture Control Utility 2、ViewNX 2、Capture NX-Dのみ対応(2014年6月26日現在)。

●撮影モードを[オート]、[発光禁止オート]、および各シーンモードに設定しているときは、カメラがピクチャーコントロールを自動的に設定するため、任意に変更することはできません。ただし、「RAW」を含む画質モードで撮影しておけば、RAW(NEF)ファイルについては、Capture NX-Dを用いて撮影後にピクチャーコントロールを自由に変更できます。