監修 吉田隆行

D810Aシューティングガイド

ピントを合わせる

01
天体撮影のピントは、視野中央付近に導入した明るめの星(2等星くらいの恒星)が最も小さく、明るく見えるように、撮影レンズや望遠鏡のピントリングを回して合わせます。D810Aは、ライブビュー時に約23倍まで拡大表示できるので、ルーペを使用したり、パソコンのモニターで拡大表示するまでもなく、カメラの液晶モニターでスムーズにピント合わせができます。

ピント合わせの手順

1

2等星前後の明るさの星をファインダー内に導入する

2

(ライブビュー)ボタンを押して静止画ライブビューを立ち上げる

3

液晶モニターで星像を見ながら、ある程度までピントを追い込む
星が見えづらい場合はISO感度を上げます。

4

マルチセレクターの でフォーカスポイントを明るい星に重ねる

5

(拡大)ボタンを押して表示を拡大するフォーカスポイントの位置を中心として、ボタンを押すたびに拡大率が上がります(最大約23倍)。拡大率を下げるときは (縮小・サムネイル)ボタンを押します。拡大表示中はマルチセレクターので画面をスクロールできます。
「露出プレビュー」が有効なことも
ボタンを押して「露出プレビュー」を表示させると見やすくなることがあります。
D810A天体撮影テクニック -2-
「ワンプッシュ200%拡大」も有効
カスタムメニュー「f2」で、ライブビュー時に中央ボタンを押したときの機能を「拡大画面との切り換え」に設定し、拡大率を[高倍率(200%)]にしておくと、ワンプッシュで最大倍率に拡大表示できます。もう一度押すと、元の表示に戻ります。

6

液晶モニターの星像を見ながらピントリングを回し、星像が最も小さく、明るく見えるようにする
ピントが合ったら、ピントリングもしくはドロチューブに鉛筆やペンで線を引いておくと、次回からほぼよいピント位置に素早く合わせられます。
ピントの位置は気温変化で変わるので要注意
望遠鏡を屋外に出してすぐと時間が経って外気に馴染んでからとでは、気温の変化によって正確なピントの位置が変わっていることがあります。 撮影を始めても、途中で一度はピントの見直しを行うことをおすすめします。
トップ